【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の話

唐突ですが、うちの犬が亡くなりました。
私が添乗中の寒い日の朝、相方が雨戸を開けて餌が残っていたので声をかけても応答が無く、小屋をゆすっても出て来ず、中で亡くなっていたそうです。

ここまで読んでvivnyanco家に犬が居たことすら知らなかったあなた!!
そりゃそうです。vivnyancoはブログでも、mixiでも、ツイッターでも、犬について語ったことは過去に1回・・・それも数年前にしかないはずです。
愛犬家の皆様が、日々かわいらしいわんちゃんの姿を公表する中、vivnyanco家の犬は存在すら知られること無く世を去りました。

実はvivnyanco家の犬はワケありでうちにやってきた。

もう7年ほど前、義父がキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの子犬を買った。
名前はポッポ。
こんな名前だけど血統書付きの犬でした。

申し訳ないけど、初めて会った時から私はずいぶん可愛くない子犬だなと思った。
もともと私は筋金入りの猫派だし、犬が嫌いなわけじゃないけど、もし自分で犬を飼うならスポーツ刈で尻尾のくるんと丸まった、和犬の方が好きだし。
それに血統書付きだかなんだか知らないけど、ポッポはすねたような目つきで無駄吠えが多く、よそのキャバリアと比べても可愛げが無かった・・・・・

そんなポッポがうちにやってきたのは6年半ほど前。
義父が世話が大変なので、犬はもう飼えない。引き取ってやってくれ。子供も喜ぶ。と言ってきたのだ。
当時次男はまだ立っても居ない状態で、上に2歳と4歳の子供、更に私はフルタイムの仕事をしていて、とても犬など変える状態ではなかった。
ただうちが引き取らなければ保健所に行くとの事なので、動物好きの相方が哀れんで連れてきたのだ。
正に歓迎せざる状況。

こうしてポッポはやむなくうちの犬になった。
子供が居る状態で慣れない中型犬をいきなり室内犬にするわけにはいかない。
庭に小屋を買ってきてそこで飼った。
きれいに植え込んだ芝生はあっという間にダメになった。
娘の樹として育てていたブルーベリーも、私が大事にしていた百合も、全部荒らされた。
網戸も破かれた。
犬が悪いわけではないけど、招かれざる客であったため、心象は良くない。
おまけにしつけがされていなかったため、夜でも早朝でも吠えっ放し・・・・・

更にその半年後位、義父はなんとチワワを飼い出したのだ。
何と無責任な!!!
1匹目の犬が気に食わないから、うちにその犬を押し付けて、自分は別な犬を飼うとは!!!
義父はそんな人なのだ。

生活に関わる最低限の事はしたけど、残念ながらポッポはよそのワンちゃんみたいに家族の様に扱ってもらうことは無かった。
血統書付きのキャバリアなので、しかるべき場所なら大事にされただろうが、うちは余裕も無かったし、私も子供達も最後までポッポ大好きにはならなかった。嫌いではなかったけど。
他所でキャバリア見ると、よそのキャバリアはどうしてあんなに可愛いんだろうとすら思った。
無駄吠えばかりするので、近所から無記名の投書があったのも1回や2回では無かった。

今年のお正月、私の実家で弟夫婦と話をした時、義妹が
「うちの実家のビーグルは17年生きてますよ」
と言ったのを聞き、恐れおののいた。
ポッポはまだ7歳位だから、子供が成人するまであの犬とお付き合いするかもだ!?
冗談みたいに相方とそんな話をしていた矢先の事であった。

携帯のメールではなく、海外ではいつ開くか分からないPCのアドレスに届いていた相方からのメール。
「今日火葬にしてもらいました」
私が帰るとポッポはお骨になっているのだ。

考えてみれば身近な死も久しぶりだ。
もちろん金魚、カブトムシ、めだか、鮭の稚魚、ザリガニなどは沢山死んでたけど(笑)
久しぶりに死に直面して考えたのは、不摂生の塊の様な義母や、自分勝手な義父、健康そうに見える私の両親に近々訪れるであろう死だ。

どうやら死というものの存在を、忘れていたらしい。
ポッポはそれを思い出させてくれた。

相方は
「ポッポの存在は子供達に命の意味を教えてくれた」
とメールで書いていたけど、私には死がいつでも手に届くところにあると言う事実を思い出させてくれた・・・・・

トルコの遺跡でのびのびと走り回る犬達を見て思った。
短い生涯を終えたうちの犬よりも、この犬達の方がよっぽど幸せかも知れないと。

天国でこそ幸せな犬生(?)を全うしてくれることを祈って・・・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/21 18:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

vivnyancoさん、犬飼ってたんですね~。
私は、母親がそういうの(犬の死とか)がだめで、飼わなかったんです。
最近ブロともさんに犬を飼っている人が多く、そういうのは私も感じられます。

天国で幸せに暮らしてると思います。

合掌。
  • posted by ミスト 
  • URL 
  • 2011.01/23 10:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

知らなかった 

ワンコ飼ってたんですねー(^_^;)。
私の友達は、ワンコが亡くなったとき、家族全員会社休んで号泣し、かなり長い間立ち直れなかったと聞いてますが(^_^;)。
自分勝手なお義父さんトコにいるより、保健所で処分されるより、vivnyancoさんちに来てよかったと思ってるのでは?

しかしお義父さんには呆れますね。何だと思ってるんだろ?
  • posted by 瑞穂 
  • URL 
  • 2011.01/23 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

うちのペットも 

今年の干支として何気にブログにも載せてましたけど、ある日突然いなくなってしまいました。
うちにはうさこは一匹もいません(爆)

ワンコ、、懐くだけに買うとけっこう大変な動物ですよねぇ・・
来るべきお迎えが来たということなのでしょう。
  • posted by MIN 
  • URL 
  • 2011.01/23 22:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

血統書付って 

長生きしない傾向あるなー。
実家で飼ってたポインターも4年で死んじゃったし。

何がベストな選択だったかはわかりませんけども、ベタベタ可愛がらないといけないって事は無いと思います。

ポッポ、充分幸せな一生だったんじゃないでしょうか?
  • posted by 池っち 
  • URL 
  • 2011.01/26 14:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。