【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ料理を食す!!

先日胃の調子を壊してから、腹八分目を心がけ、間食を無くしているvivnyancoです。
別にうどんを食べた後で巨大なおにぎり(ご飯約300g)を食べたり、子供と一緒に鳩サブレを奪い合っている義母に対する嫌味ではありませんww


が、先日ローマでは、久しぶりに本格的なローマ料理を食べました。


正直に言います。
パッケージツアー、それもお手ごろ価格のパッケージツアーでは、美味しい料理は食べられません
そりゃ仕方ないでしょ。
向うの物価とツアーの代金、その他もろもろ色々考えれば簡単な事。
美味しいものはフリータイムに食べなければいけません。

ってなわけで最終日。
この度唯一のフリータイム。
ランチから夕方までのわずか数時間。
こりゃウマいものを食べるしかない。

というわけで解散地点のスペイン広場からもあまり遠くないレストランへ。
スペイン広場から徒歩数分とはいえ、ちょっとした裏通りにあるので、地元の人も多い。
それだけに日本の純粋な観光客には多少敷居が高いかも知れない雰囲気。

メニューを見ると典型的なローマの料理
肉料理は内臓料理や羊が幅を利かせ、野菜にはアーティチョークが登場。
揚げ物の種類も多い。

私自身ローマでは必ずカルボナーラアマトリチアーナを1回は食べる様にしているので、今回はパスタはアマトリチアーナ、メインにラム肉のカツレツを注文。
そして・・・・・・・・・






アマトリチアーナ登場

あまとりちあーな

アマトリチアーナは、パンチェッタ(豚ばら肉の塩漬け)の入ったトマトソースのパスタ。
ローマの名物で、こってりしたソースがしっかりしたパスタに合うため、本格的にはブカティーニと呼ばれる太いパスタと合わせる。
ブカティーニは太さがうどん位。中心に細い穴が空いております。
ちなみに上にかけるチーズは、日本でパルメザンと呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノ(中部イタリア、エミリア・ロマーニャ州産)ではなく、地元ローマ産の羊のチーズ、ペコリーノ・ロマーノ

ここのは本格的なブカティーニ・アラ・アマトリチアーナ
濃厚なトマトソースは、パンチェッタをかなり煮込んでいるらしく、パンチェッタは柔らかく、その旨みがトマトソースに溶け込んでいる。
ちょっとスパイシーに仕上がっているので、しつこさが気にならないところもポイント。
ブカティーニの茹で加減も絶妙なアルデンテで、こってりとしたソースがよくからんだ絶品。



そしてメインがこちら

ラム肉のカツレツ

ラムのフライ

イタリアの中でも際立ってを食べるのがローマ周辺。
羊料理はローマの名物なのだ。
更に付け合せはカルチョッフィ(アーティーチョーク)のフライ。
こちらもローマの名物野菜。

日本のかつと比べるとかなりごつい衣だけど、この衣のざくざくした食感と、ラム肉のジューシーな柔らかさが相乗効果で際立つ旨み
上からふりかけた粗塩も肉のそのままの旨みを引き立てる。
ラム肉好きにはたまらない一品ですな。


いや、それにしてもサービスが遅くてね(笑)
急いでなかったからいいけど、時間が無い時には薦められないレストランだわ。

あんまり時間がかかったので、デザートは諦めてお勘定。

で少し行ったところにジェラートが有名なカフェがあったので、そこでデザートをいただく事に。



ジェラート・コン・フラゴリーニ
(フラゴリーニを添えたジェラート)

nougouitigo

うひょひょ

フラゴリーニというのはですね、小イチゴって意味なんですけど、ごらんの様に小さいんですよ。


農郷いちご

こんなね、普通のスプーンに4個も5個も載っちゃう位小さいイチゴ
これ日本ではあまり見ないんですけど、ヨーロッパではよくケーキとかに使われております
日本にもあるかと思って調べたんだけど、のうごういちごってのがちょっと似てるのよね。

ま、野生種に近いんでしょう。
でもすごく甘いし、柔らかくてじゅーすぃー。

食事が全て終わるとすでに3時半過ぎ。
集合時間への移動時間を考えると、もうスーパーマーケットにしか行かれないぞ~

スーパーマーケットで食材を買い込んでvivnyancoのローマフリータイム終了
ま、どちらにしろ非常時に備えて遠出する事はできないんだけどね。

そして来月またイタリア。
確実にヨーロッパの他の国から入国拒否食らってるか、イタリア政府推奨イタリア産食品販促人に指定されているか、どちらかだな・・・・・・・(-_-;)



【追記】
そーいえば去年公開された「西の魔女が死んだ」っつー映画がありましたが(機内で見たよ)、その1シーンに、裏山で自生している野いちごをたくさん摘んできてジャムを作るシーンがありました。
その時は気づかなかったけど、あのイチゴってこれ系のイチゴでした。
ふと思い出した。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

 イチゴですが、味濃く甘酸っぱいのですね。

  なんとも、言えませんが、ワイルドストロベリーと似て

  います。 
 
  プランターに、植えてあり、少々収穫してます 。

  5月15日のブログに写真は載せたので、

  よかったら見比べてください。

  ペコリーノ・ロマーノって、塩代わりに使うチーズと、

  きいたことがあります。塩気が強いですか。
  • posted by ロッキー&マーフィー母 
  • URL 
  • 2009.05/24 17:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

はろ 

さすがぁ~(拍手喝采)
イタリアの食べ物を語らせたら右に出るものは居ないですね
それだけイタリア通って事で、イタリアがvivnyancoさんを呼んでるんですよ(笑)

それにしても、同意見ですよん
美味しいものはフリータイム時にv-238
  • posted by 添てん 
  • URL 
  • 2009.05/24 22:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

美味しそうです~~
アマトリチャーナはグループメニューでは美味しいところってほとんどないですよね(><)
そう、「美味しいものはフリータイムに」
先日、オランダのレストランのバジェットを見て仰天しました。よくあの金額で3コースを提供してくれるものです。
レストランに入った日本人4グループ全員同じメニューを食べているはずです。仕入れコストを下げないとね。
  • posted by クロコ 
  • URL 
  • 2009.05/25 05:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ロッキー&マーフィー母さん 

あ、似てます似てます。
エゾヘビイチゴですね。これにも似てます。
エゾヘビイチゴも能郷イチゴも同じ系列の様なので、いずれにしろこの仲間ですよね?

ペコリーノ・ロマーノ、しょっぱいですよ。
サラダのアクセントとかに美味しいです。
イタリア人は生のソラマメとかと一緒に食べてるみたいです。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2009.05/25 16:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

>添てんさん 

そっか。呼んでるのか。
その分給料割り増しくれないかな?(笑)
特に食べ物の美味しい国はね。
ツアーに期待しないで来て頂きたいですね(笑)
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2009.05/25 17:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

>クロコさん 

バジェットを知っちゃうと申し訳無いですよね。文句が言えなくなる(笑)
それで飲み物も注文してもらえなかったら、レストランが機嫌が悪いのは当たり前ですわね。

あ、先日の食事も近日中にアップです。
このレストランも行ってみてね。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2009.05/25 17:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

苺 

今日、たまたま東京で「苺」の話してまして、最近のケーキの上に乗ってる「イチゴ」酸っぱくなったよね?と。

それが流行りなんでしょうが、僕、子供の頃食べてた「甘~い」苺が好きです♪

味覚、お子ちゃまですw
  • posted by 池っち 
  • URL 
  • 2009.05/25 22:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

>池っちさん 

ケーキに乗ってるやつって、フツーに売ってるやつより酸っぱくないですか?
あ、この小さいイチゴはすごく甘かったです。
こんなに甘いもんだと思わなかったんでびっくりしました。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2009.05/26 01:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。