【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印税生活

印税が入った。
私のではなく、祖父の。

祖父は昭和初期の日本画家だった。
父が生まれて間もなく、若くして亡くなったので、残されている作品数も大した事はない。
生前、当時朝日新聞に連載されていた、江戸川乱歩の小説の挿絵を描いた事があるそうで、その絵が創元社から出されている文庫本にも使用されている。
かくして没後70年近く経った今でも、印税が入ってくる。
入ってくるといっても微々たるもの。笑っちゃうような金額だ。
多分子供に月1回アイスを買ってやれる程度・・・それも特売の日のガリガリ君
まぁ挿絵1ページだし、あまり売れる本でもないしね。

でも死んでからも作品だけ生き残っているって凄いじゃない。
つまり後世に残る仕事をしたってワケで。
今でも祖父の出身地に行くと、地元の郷土館みたいなところには、祖父の絵が展示してある。
印税で生活するのは難しいとしても、後世に残るような仕事ができたらいいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

 

江戸川乱歩の小説の挿絵と言ったら、おどろおどろしくて、ちょっとお色気のイメージ。と言っても、私が見たことあるのは、少年版ですが。
立派な仕事です。乱歩先生の小説は、自分で想像するだけでもゾクゾクしますが、挿絵があると100倍昭和に入っていけます。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2005.09/07 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは。
素敵♪そんなおじい様をお持ちなんて。
憧れます。ホント、そういう何かを残せるなんて、立派な人生です。
  • posted by きち 
  • URL 
  • 2005.09/07 23:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは。
今では本の挿絵は、洋画や写真などがほとんどですが、
日本画の挿絵、素敵ですね~
おじいさま、天国で乱歩とお茶のみ友達になってたりして。
  • posted by キッチンひめ 
  • URL 
  • 2005.09/08 13:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさん 

今の時代だったら色々な意味で問題作となりそうな乱歩の世界ですが、個人的にはとても好きな作家なので、この話を親から聞いたときはうれしかったです。
挿絵は薄暗いイメージの絵でパッとしませんが、新聞の連載だったのでこんなものでしょう。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.09/08 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

きちさま 

あの、きちさんのブログ、おもしろいんですけど、記録しておいて子々孫々残してみてはいかがでしょうか?
代々笑い継がれ、読み継がれると思います・・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.09/08 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

ひめさま 

こんにちは。
この文庫のシリーズは、当時の雰囲気を残す為に、あえて当時の挿絵を使用しているそうです。
あまりおしゃれな装丁ではありませんが、独特の趣がありますね。
祖父が乱歩と茶飲み友達になっていたら、いついつの日かその輪に加えていただきたいです。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.09/08 19:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。