【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《香港グルメ》 スーパーマーケットで

本日の夕食はおすしでした。

香港のすし







うそです。


これは香港のスーパーマーケットで売ってたおすし。

一般的に海外で売られているおすしというのは、どこかしらに胡散臭い雰囲気があるものですが、このおすしなら日本でも売られていてもぜんぜんおかしくないクオリティ
おまけに日本円で1000円!!
むしろ日本よりコストパフォーマンスで優れている感すら否めません。

昨今香港の実業家による築地でのマグロの競り落としが話題になるようになりましたが、その話を裏付けるように香港の街中にはすし屋とラーメン屋があふれかえっています。

海外では日本食を食べない・・・特にすしは食べたくないvivnyancoも、思わず手を出しそうになる位魅力的


ほら、こっちのお刺身も美味しそうでしょ?2000円。



香港の刺身

日本でもデパートクオリティの鮨と刺身です。
これが特に高級と言うわけではないスーパーマーケットで売られている香港
さすがだ。



そんな香港では、生きている魚は「食べ物」としてすでに認識されています
某海鮮レストランにて

観魚

漢字では「観る魚」になっていますが、英語では「シーフードの展示」になっています。
つまり、

「そこの水槽にあんたらが食べるシーフードが泳いでるから、観てやってちょ」

というわけです。
日本にも生簀というシステムがあって、日本人もそこで泳いでいる魚介が料理される事は知っていますが、

「お客さんの鮨ネタはその生簀のなかだからね!!」といういいかたはしないよね。

この辺中華系のヒトの食べ物に対する遠慮の無い執着が見えて面白いし、本能が理性と切り離されている感があって大好きです



あ、一応香港人の名誉の為に・・・・・

金魚を買う

食用ではない(と思う)魚を飼う習慣もあります。
水生生物だけを扱う店が集まるエリアでは上の様な光景が。
ビニール袋に入っているのが晩のおかず金魚です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。