【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《香港のお金》 偽札はどれだ。

皆さん偽札ってご覧になった事がありますか?
私vivnyancoは、大昔にイタリアで見ました。

まだリラの頃のこと、ローマのレストランで飲み物代を払おうとしたお客さんが出した紙幣が偽札だということで、添乗員である私が呼ばれました。
お金は10000リラで、見るからにコピー機にかけて作ったようなせこい代物でした。
でも普段イタリアリラに触れることの無いお客さんにとっては、本物のリラ自体もおもちゃみたいな感じだった様で、偽物にまるで気づいていませんでした。
犯人側もいいところ突いたな(笑)

結局その偽札は、お客さんが記念に持ち帰りたいというのでそのまま持たせました。
今だったら写真でも撮るんだけど、添乗員がカメラなんて持ってるわけ無い時代だったので。
いやーデジタルカメラの普及って、すごいですね。


論点がすっかりずれたところで今回の本題。

次の香港ドルのうち、どの香港ドルが本物でしょう?



香港ドル







正解は・・・・・





全部本物。
香港だし、「どれが本物?」って訊かれると、一瞬真剣に考えるでしょ?(笑)

左側が新紙幣右側が旧紙幣

香港では3つの民間の銀行でお札を印刷していて、それぞれオリジナルのデザインで出している。
もちろんどれも本物。
香港には日本の日本銀行に相当する中央銀行が無いのでこういうことになる。
これは100ドルだけだけど、他の金額の紙幣も同じ。つまり全部6種類ずつ流通中(笑)

唯一10ドル札のみは政府の発行
最新のプラスティック紙幣(プラ幣?)
ただしこちらはこの紙幣と、コインもあるので、やはりわかりづらい。


世界でも珍しいこのシステム、中国と言う特殊な国の中で、自由主義経済を貫き通し、ある意味世界の資本主義の象徴みたいな社会を作る、香港という都市ならではというべきか・・・・

本当は全部1枚ずつとっておきたかったんだけど、ついつい使っちまいました。
まぁ使っちゃうと思って写真とっておいたんだけどね(笑)
貧乏人ってこんなもんですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。