【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレープ屋さんに行く

gallette.jpg




パリでクレープ屋さんに行った。
何年ぶりか分からないけど、前回クレープが食べられなかったのがちょっとした心残りだったので、今回行く事にした。
(あ、ちなみにクレープについて詳しい事を知りたい人は過去記事へ。)


せっかくクレープ食べるんなら、モンパルナスに行かないと。
モンパルナス駅はブルターニュ方面へ行く列車の発着駅となっているため、昔からブルターニュから出てきた人たちが、そのまま住み着いたのでクレープ屋さんが多い
大通り沿いは劇場や映画館などの施設が多いが、横丁を曲がるとクレープ屋だらけ。

そんな中でも今回は行列のできる名店のこちらにお邪魔。
joselin.jpg



飲み物は本来シードル(リンゴのお酒)が正統なんだと思うけど、この後仕事だったのでアルコールは控えて、醗酵乳(?)を。
7.jpg




今回はデザートも食べたいので(というかむしろそっちが目当て?)、メインのそば粉(サラザン)のガレットは軽めで。

卵のガレット
↑トップ画像

一番の感動はクレープ生地の香ばしさ
カリカリに焼けた生地は、口に入れると香ばしい香りが広がり、カリカリという食感が伝わってくる。
惜しいなー。卵じゃなくてチーズにすれば良かった。

ここのメリットはサービスの手際の良さにもある。
店員さんがみんなてきぱきと動いていて、フランスらしからぬ気持ちよさ(笑)
なので、私達の様に時間を限られている旅行者にも最適。

そんな感じで食べ終わるとあっという間に皿を下げに来る。
「dessert?(デセール?)」と訊かれてウィウィうなずく

とにかく生クリームが食べたかったので、生クリームのついているメニューを選んだ。
ホントはバターと砂糖とかが美味しいと思うんだけど。

チョコレートと生クリームのクレープ(フロマン)
floman.jpg




出た。別盛り生クリーム(笑)
嫌がらせの様なこの量。
でもこの時とにかく生クリームを食べたかったので。

もちろん完食。

でもその後市場を覘いたんですけどね・・・・・・・・・さすがにチーズとかバターの売り場を見てげんなりしましたわよ。
クレープ自体、かなりバターが使われてるしね。
何か・・・・・・・・体中からバターのにおいがした様な・・・・・・
(多分クレープ焼く匂いとかも服に付いていたと思われる)


締めて15ユーロほど。今回もゴチソウ様でした
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

去年パリに行った時、ジョルジュサンクのお店でガレットを食べて、
とても美味しかった思い出があります。
そして、普通の甘いクレープを食べそびれてしまって悔しい思いをしました(苦笑)。

やっぱりパリ、いいですね~。
  • posted by ありこ 
  • URL 
  • 2008.07/09 06:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私は、お気づきとは思いますが、むしろデザート目当てで行ってます(笑)
来月は久々のウィーンのカフェか?
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2008.07/10 15:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。