【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルージュでランチ

soup.jpg


ツアーに含まれている食事は、原則お客さんと同じテーブルで食べる事になっている。
食事が付いていない時も、お客さんを食事に案内する事推奨されている。


・・・が。考えてもみよう。
お客さんと食事を取るのはどんなに美味しい物を食べていても「仕事」
それにユーロ高の昨今、お客さんとまともなレストランに行っていると、出費も馬鹿にならない
会社から支給される食事代の補助は、現状のヨーロッパの食事料金には全然足りない。
言いたくないけど、昔は添乗員を食事に誘うとお客さんがゴチソウしてくれる事が多かった。
添乗員にレストランを教えてもらって、安心して注文、食事が出来る事に対する、お客さんの気持ちの表れだったと思う。
最近はそういうことも無い。(笑)

今回もブルージュで半日のフリータイムがあった。
昼食前に解散して、夕食もフリー。
昼時に解散しているので、希望者とお昼ご飯をご一緒しても良かったのだが・・・
ここまでの段階でガイドさんが居ない時間も多く、お客さんとベッタリだったので、今回はごめんなさいである。
数名のお客さんをマルクト広場近くのレストランにご案内して、旬を迎えつつある白アスパラガスをメインとした軽いコースとベルギービールを注文して失礼させていただいた。

そのままガイドさんと軽いランチを取る事に。
ガイドさんは立場こそ違えど、同じ様な視点に立って、同じ様な思いを抱えて仕事をしているので、初めて会った人でも割と簡単に打ち解けられる。

2人が行ったのはパンが美味しいお店。何を頼んでもパンは籠盛りで来る。
テーブルの上には色々なジャムやスプレッド、蜂蜜などが沢山置かれていて、どれでも好きなだけ食べられる様になっている。

pan.jpg


ちなみにオーダーしたのは日替わりスープ。この日の日替わりはカボチャのスープ。
ここのカボチャのスープは不自然な甘みが無く、滋味豊かでとても温まる一品。
籠盛りのパンにバターやチョコレート、蜂蜜などつけて食べるととても満足。
これで4.20ユーロ。これは破格!!
(あ、ちなみに中華屋さんで麺類を食べても10ユーロ位、クロワッサン系とかのパンを買っても1.5~2.0ユーロ位、安いコーヒー飲んでも1.5~2.0ユーロ位という物価・・・・)

実は私は冷たい食事が苦手
お弁当が嫌いなのも、お鮨をあまりありがたがらないのも(カウンターで食べる握りたては美味しいけど)、どうやら冷たくなった食事を美味しく感じないせいらしい。(私が前世中国人説を勝手に信じる理由の1つ)
なので、ヨーロッパに行ってもサンドイッチだけを齧って食事終わりというのが出来ない
何かしら温かいもの(出来立てのもの)があると有難い私としては、温かいスープが付いているだけでも食事として納得のいく物となった。
もちろんリラックスできる相手との、くつろいだ食事というのが、一番美味しく感じる要因なんだろうな・・・・(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。