【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマと遭遇する

オラベルの話はちょっと置いておいて・・・

聖火が日本に到着して朝からテレビは聖火で盛り上がっている。
そもそも今回の騒動の発端は、中国のチベット問題に始まっている。

そこで・・・・
実は私はチベットダライ・ラマ14世を拝顔したことがあるのだ。


もう十数年前になると思うけど、モンゴルの添乗に行った時の事。
1週間ほどの行程(モンゴル旅行のポイントはゲルに泊まって自然を体感する事)をこなして首都ウランバートルに戻ってきた時の事。
ウランバートル市内観光のポイントの1つ、ガンダン寺に行く事になっていたのだが、ガイド
「今日はガンダン寺は混んでいるので中には入れません。ちょっと見るだけです」
と言い出した。
「ダライラマが来てるんです。」
ガンダン寺チベット仏教(ラマ教)のお寺。そもそもモンゴルにはチベット仏教の信者が多いので、ダライ・ラマがいらっしゃればそりゃ大騒ぎに違いない。
「あの俳優も来てるみたいです。」
この2~3日前、私達はこの「あの俳優」に遭遇していた。
ラマ教の信者としても知られるハリウッド俳優、リチャード・ギアである。
アメリカ文化に疎い(当時のモンゴルは今よりももっとロシア寄りだった)ガイドさんは、彼の名前が覚えられない(笑)
ま、リチャード・ギアに遭った話はまたの機会に譲るとして・・・

いずれにしろ私達は覚悟の上でガンダン寺に向かった。
もともとあまり車は多くないので、渋滞は大した事は無い。
が、境内に溢れた人の量と言ったら!!
いったいこのウランバートルの、どこにコレだけの人が隠れていたのか?
中心にある広場にすら羊の歩くウランバートル。
空港に向かう道路沿いにゲル(パオ)が並ぶウランバートル。
羊を抱えてぎゅうぎゅうのバスに乗る人も珍しくないウランバートル。
そのウランバートル中から、人々がダライ・ラマの為に集まっているのだ。
ローマでエピファニア(公現祭)の日に、ローマ法王を拝顔しようと、サンピエトロ広場に人が溢れていたのを思い出した。
宗教の力を感じたのだ。
その向こうにはダライ・ラマがいらっしゃった。
あの和やかな笑顔を備えた、世界的に有名な指導者が。
私は仏教にはトンと縁の無い人生を送ってきたが、ダライ・ラマに独特のカリスマ性があるのは分かった。
仏教には疎いので、何と言うのか分からないけど、いわゆる祭壇に相当するところにダライ・ラマがお座りになっていて、その両脇に要人と思われる人達が座っていた。
リチャード・ギアもそこに参列し、ダライ・ラマを拝んでいた。
チベット仏教徒と知られる彼。私達が遭遇した時はムカつく程感じが悪かったけど、ホントに仏教徒なんだ・・・(笑)

数日前テレビでリチャード・ギアチベット問題について訴えているのを見て、ふと十数年前のガンダン寺を思い出した。

私自身は仏教には微塵も興味は無いけど、他人の利権、それも宗教観や民族性を踏みにじるのはやはり気持ちの良い行為ではないと思う。
私が十数年前に遭遇したダライ・ラマの穏やかな笑顔、そして彼を生き仏の様に(実際にチベット仏教ではダライ・ラマは観音菩薩の化身とされている)崇めているモンゴル人民の姿。
彼等が信じたいものを自由に信じ、自分達の民族としての権利を、当たり前に主張できる世界であって欲しいと思う。
スポンサーサイト

Comment

同感ですー! 

政治と宗教とオリンピック…
何だかフクザツな気持ちで聖火リレー見ていました。
ミーハーな私は星野さんと欽ちゃんを見たかったというのが本音ですが(汗。

でも、ダライ・ラマ氏を見たって凄い!
余談ですが、デーブ・スペクター(だったか?)が
「北京での最終ランナーは是非ダライ・ラマ氏に」と
冗談を言ってたのに思わず笑ってしまったとです。
  • posted by 瑞穂 
  • URL 
  • 2008.04/27 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

以前コメントでいただきましたけど、こういうことだったんですね~。

私も特に宗教にこだわらないんですが、テレビのインタビューでダライ・ラマを見たときはおっしゃるとおり、観音様のような慈悲のオーラにうたれました(オーラはみえないけど・笑)

ユーモアある方で内容的にはすごいことを話されるのに、私のような一般人にわかるようなレベルでジョークも入れながらお話されるところが素晴らしいと思いました。

なんだか聖火リレー、悲しい状況ですね・・・
デンには来なかった~。
  • posted by かおにゃんた 
  • URL 
  • 2008.04/27 03:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちわ! 

聖火リレーは結局なんのためにやったんでしょうね。平和の祭典のはずなのに。。なんか悲しくなりました。

生でダライ・ラマを見たんですね。
やっぱりオーラは凄かったのでしょうか?

金曜日に加藤晴彦が会社の近くを歩いていたそうです。後ろ姿しか見れなかったけど。。
私のみた有名人はそんなにたいしたことないなって思っちゃいましたw
  • posted by ミスト 
  • URL 
  • 2008.04/27 15:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

>瑞穂さん 

あーまでしてする聖火リレーって、意味があるんでしょうかね?
メディアも大袈裟に取り上げすぎてる様な気もするし・・・
いいなー、デーブ・スペクター(笑)そのジョークは面白いし真実突いてますね。
それが出来てこその平和の祭典ですものね。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2008.04/28 12:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

>かおにゃんたさん 

私的には幼い頃から特別扱いされる人間に、ろくな人間は居ないという思い込みがあるんですけど、ダライ・ラマは幼い頃から仏教の心を教え込まれるんでしょうね・・・
見てると不思議な気がします。
聖火リレー、あれじゃ滑稽でしかありません・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2008.04/28 12:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ミストさん 

添乗に出ると結構色々な人を見かけます。
でも残念ながら仕事モードだと遠くから「ふむふむ」と眺めるしか無く・・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2008.04/28 13:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。