【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのオシャレなオミヤゲ

今月に入ってから、タイ関係の検索ワードでこのブログにたどり着いている人が激増した。
一番多いのは「象のピルケース」関係(爆)
次に来るのが「ルノートル・バンコク」関係。
メディアか何かで紹介されたのかな?
あとは「タイのお土産」関係。

果たしてこの方々は、希望していた情報を得られたのだろうか?

さてそんなわけで今回はまだご紹介していなかったバンコクの意外なお土産を・・・・




シーロム通りにある、ホテル・ソフィテル・シーロム
1階にはパリの有名なパティスリー、 「ルノートル」が入店している。
ケーキやパンの販売とコーヒーなどの飲み物の販売、ロビーのカフェの役目も兼ねている。
パンとコーヒーで軽く朝食を取っている人も(主にヨーロッパ人と思われるが、)結構居た。
ちなみにパンは日本円で100前後からで、パンオレザンやパンオショコラといったパンから、バゲットやクロワッサンなど、フランス風のパンがメインになっている。
コーヒーも日本円で300円くらいから。
ホテルのカフェとして考えればリーズナブルだが、バンコクの物価を考えると、恐ろしい価格だ。
もっとも、ホテルのレストランで朝食を取ることを考えれば、ココでパンとコーヒーで済ませるのは、極めてリーズナブルだが。

このルノートルで売られているのが、このマカロン。
5個入って80バーツ(約250円)。

vanilla.jpg

バニラ(バニラクリーム入り)

IMGP0341.jpg

ピスタチオ(ナッツクリーム入り)

IMGP0340.jpg

チョコレート(チョコレート入り)

IMGP0339.jpg

ラズベリー(ラズベリージャム入り)

cofee.jpg

コーヒー(コーヒークリーム入り)

タイで調達できる材料は、フランスや日本と同じというわけにはいかないと思うが、味はちゃんと美味しい。
もちろんもっと美味しいマカロンだって沢山あるけど、タイでこの値段で、ということを考えれば、きわめてお得。

お勧めのオミヤゲ。
強いて言えば、全然タイじゃないけど・・・・・( ̄‥ ̄)=3


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

Comment

強いて言えば、 

まで読んで、「タイっぽくない・・・」と思ったので、
自分の気持ちとブログ記事が見事にリンクし、
ニヤニヤ笑ってしまいました^^

私が思うマカロンよりも、ふんわりしているような感じに
見えますね。
ブッセみたいな生地なのかな??
  • posted by はてるま 
  • URL 
  • 2007.01/14 16:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

>はてるまさん 

どこのオミヤゲだか分からないですよね・・・
生地は、最近日本で多いサクサクタイプより、目が細かい感じです。
だから見た目がブッセっぽいのかな・・・・食感はどっちかというとカリカリです。
タイは湿度が高いから、コレくらいカリカリじゃないともたないのかな・・・・?
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2007.01/15 17:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。