【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出・・・

台風一過、素晴らしい晴天が戻った。
台風の後は風が強く、雲の動きが早いので、魅せられてず~っと空を眺めている事がある。
さすがに子供が出来てからは、あまり時間が無いので出来ないけど。
時間に関係なく空を眺めていた時代、空を眺めると自分が旅した空間、まだ旅していない空間、様々な場所に意識が飛んでいく。
そしてこんな暑い日には、暑かった思い出がよみがえる。今までに最高に暑い思いをしたのはどこでだろう?

★アメリカの南部に2週間程滞在していた夏
ホームステイプログラムに参加する中学生の添乗で行ったジョージア州の田舎町。食事を取る為に並びにあるマクドナルドに行くのでさえ暑くて、サンダルが溶けるかと思った。
午前中はプールとかも入ったけど、午後は暑すぎて部屋から出られなかった。

★真夏に行ったスペインのフライパン
スペインでも南のアンダルシア地方は、気温が高い事で有名。
特に回教寺院とキリスト教会が合体した「メスキータ」で有名なコルドバは、「スペインのフライパン」と呼ばれるほど。
バスを降りたところにあった温度計が、既に45℃を超えていて、見ただけで眩暈。更にバスから出る熱気で、バスの周囲は熱帯地獄。
メスキータの中のひんやりした空気が有難く感じた日。

★肌がこげたモンゴルの砂漠
モンゴルの砂漠に張られたテントに滞在。
テントの前に座って地平線を眺めていると、肌がジリジリ焦げる音が聞こえてきそう。
さえぎる物の無い紫外線、乾燥した空気、洗濯物干したらあっという間に乾くだろうな。

★中国のカマド
スペインがフライパンなら、こちらはカマド、中国南部の都市重慶。
アジアの、それも熱帯に近いアジア独特の湿度の高いモワモワした暑さに、中国独特の食べ物や埃、排ガスの臭いなどが混ざり合って、余計暑さを倍増させる。

暑いのも悪くないな、とちょっとだけ思う瞬間。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。