【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの新禁煙法とホノルルマラソン

もうあちこちで話題になっているが、先月からハワイ禁煙体制が強化された。
もっともこの禁煙化の流れは全世界的なもので、香港では2007年1月から、パリでも2008年から厳しい禁煙法が施行される。

うちの会社では来年の2月に、比較的大きなハワイツアーを抱えている。
今手配の最終段階に入りつつあるのだが、この禁煙がかなり痛く響く。


もともとハワイは喫煙の規制があって、ホテルなども喫煙ルームはホテル客室の最大20%までと制限されていた。
それがこの禁煙強化によって、全館禁煙にするホテルが多く現れたのである。
数十名のツアーだったら、
「ツアーのお客様皆さん禁煙のお部屋ですから」
といえる可能性が高いのだが、うちの場合お客さんの人数がハンパではないので、中には必然的に喫煙ルームも混ざってくる可能性が高い。
もちろんタバコを吸いたい人は沢山いるわけで、この喫煙ルームをどう扱うべきか・・・・

またVIPも来るのだが、やはりVIPの喫煙希望は対応したいところ。
しかしアメリカ的発想によって、高級ホテルほど全禁煙になっている可能性が高く、この手配も笑えない。
喫煙ルームのあるホテルでも、お値段の高い客室ほど、喫煙はなくなってくる。

たとえばオアフ島で最大の規模を誇る「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」
このホテルにはいくつかの棟があって、一番高級とされる、ハワイの言葉で「王」と名づけられた「アリィ・タワー」や、2003年に改装オープンされた「カリア・タワー」などは全室禁煙
タバコが吸えるのは、価格的には一番低価格部屋の内装などもエコノミーな(笑) 「ダイヤモンド・ヘッド・タワー」一部の客室のラナイハワイでいうバルコニー)のみ・・・・

この迫害されよう!!

その他喫煙ルームのあるホテルでは、大きな所ではシェラトン系列の3ホテル(シェラトン・ワイキキ、シェラトン・プリンセス・カイウラニ、ロイヤル・ハワイアン)があるが、こちらは喫煙ルーム以外で万が一喫煙を見つかってしまうと、200ドルの特別清掃量を徴収という罰則付き。
シェラトングループでももっとも格式の高い(値段も高い)「モアナ・サーフライダー」は全室禁煙だ。(ほかに「W」もあるが、こちらは日本人のグループでは使わない、どちらかというとマニア向けホテル)

この迫害されよう!!!

もちろん公共の建物は一切ダメ、その建物から6メートル以内はダメなど、ほかにも細かい規定が沢山あるため、市内で喫煙できるのは、一部の公園、指定された喫煙場所(ホテルなどは設けている)、ビーチなどだけ・・・・
タバコ吸う人にとっては地獄だろうな。

もともとアメリカは、ハワイも含めて、
「どうしても来たいんだったら、入国させてやってもいいよ
的な感覚で旅行者を受け入れているので、禁煙法を施行したからといって、日本人がハワイに来なくなるわけが無いと思っているふしがある。
さすがアメリカ。強気だ。

そんな中、下線文ホノルルマラソンも近づき、うちの相方は今日の便でホノルルに旅立った。
もちろんホノルルマラソンの仕事だが、今年も大手のホテルがかなり大幅にバンプアウト(予約を取りすぎて、部屋が足りない)しているそうで、現地で早い者勝ちor旅行会社の力の競い合いで部屋の奪い合いになるらしい。

こうなるとタバコがどうとか、景色がどうとか、もう言ってられないよね~

ホノルルマラソンのお仕事でホノルルに行かれる皆さん、いってらっしゃーい( ̄ー ̄)ノ▽"フリフリ

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

アメリカはタバコ、厳しいですね。日本以上ですよね。わたし的には大歓迎なんですが、スモーカーにとっては地獄でしょうね…。
日本でも「禁煙ルーム指定」のお客様は増えてるには増えてるのですが、アメリカに比較したらまだまだ!わたし的には「見習え!」なんですがねぇ(-_-;)。
JR東の新幹線も、全て禁煙になる傾向。わたし的には嬉しい!
つまり喫煙者の気持ちが解らないのでした(汗。
  • posted by 瑞穂 
  • URL 
  • 2006.12/06 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

トラックバック失礼致します。
  • posted by toshiki 
  • URL 
  • 2006.12/06 20:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 タバコ吸わないので禁煙には全面的に賛成です。でも、スモーカーの上司の機嫌が悪くなると困るので、やはり一定の吸える場所は用意しておきたいですね。

 タバコ税がけっこう高いので、「オレはみんなより税金をいっぱい納めてるんだ」みたいなことを言うスモーカーがいるのが、ムカツクところです。税金は払ってるかもしれませんが、スモーカーは病気にかかる確率が高いから、絶対に、医療保険財政を圧迫しているはず。スモーカーは、医療費10割負担にしてはどうかと思うのですが。
  • posted by とも 
  • URL 
  • 2006.12/06 23:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

え(-□-;)!!
喫煙者にとっては痛い話ですね…。


素朴な疑問ですかぁ…
オーストラリアはどうなんですかぁ?σ(^_^;
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2006.12/07 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

日本みたいな 

分煙って、中途半端じゃないですか?
電車のプラットホームなんて、喫煙場所が
吹きっさらしだと結局タバコの煙は吸わない人の方にも
流れてくるし、電車に乗る寸前まで喫煙場所で
タバコを吸っている人が近くにいると電車に乗っている間中
タバコのニオイは漂うし。。。

いっそハワイのようにしっかり線引きをする方が
イライラ感がなくなるのでは?と思うのは私がタバコを吸わないからでしょうか。。。
  • posted by はてるま 
  • URL 
  • 2006.12/07 11:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

>瑞穂さん 

アメリカはかなりヒステリックになってますよね(笑)
昔、飛行機でまだタバコが吸えた時代、禁煙喫煙で席の希望が面倒でした。今は「飛行機ではダメですよ」で済むから楽になりましたよね。
ホテルも微妙に喫煙ルームを残すから厄介なわけで・・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/07 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ともさん 

高くなったとはいえ、日本のタバコの税金は安いですよね。
うちの上司(ダレとは言いませんが)もタバコがすえる場所を探すのに必死です(笑)
それにクライアントでもタバコ吸うVIPとか居ると厄介なので、あんまり厳しくされても困るんですよね・・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/07 18:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

>青さん 

気になるオーストラリアですよね(笑)
オーストラリアもうるさいですよ。
公共の建物の中では吸えません。たとえばレストランとかでも、中では吸えないので、テラスなどで吸うことになります。
ホテルの部屋も「禁煙」の部屋があるところは、だいたいそのフロア全部が禁煙なので、「匂い」をつけると罰金を取られることもあります。
近くにいる現地人にタバコを見せて、「OK?」とか訊くのが安全策です。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/07 18:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

>はてるまさん 

そーいえば昨日電車で隣に座ったおじさんがタバコ臭くて参りました。特に喫煙スペースで吸ってると、周りの煙も吸い込んじゃうから、余計匂いがつくんでしょうね・・・
ハワイは観光地なので、旅行会社としてはお客さんに徹底したり、ホテルの手配をする上で面倒なので、痛し痒しです。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/07 18:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

僕スモーカーです・・・ 

せっかく禁煙出来てたのに再び吸い始めた池っちです・・・
タバコ吸ってる僕ですけど、完全分煙化は大賛成です。
喫煙室って吸ってる方も良いと思うんだけどなぁ。

で話は変わりますが、たまに喫煙室でタバコ吸ってると小さい子供連れてくる母親居たりするんだけど、あれ虐待じゃないのかなぁ?
  • posted by 池っち 
  • URL 
  • 2006.12/07 20:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

>池っちさん 

えぇぇ!!喫煙室に子供ですか?
喫煙室ってハンパなく空気白くないですか?(まぁ広さとか、人数とかにもよりますけど)いくらなんでもそれは酷ですよ。
ホント考え方によっては虐待に相当しますよね・・・・っていうかアメリカとかだったら完全に虐待で訴えられそう・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/08 14:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

私は煙草を吸わないので 

全てが禁煙コーナーになったって困らないけれど、煙草が大好きな方にはつらいでしょうねぇ。
仕事の時に多く目にするのは、移動中のバスの中で煙草が吸えない人たちは、外に出るやいなやもの凄い勢いで煙草を吸い始めます。5本くらい一緒に吸えばお良ろしいのにって言ってしまう・・・私って意地悪?w

スイスは、まだアメリカほどやかましくないです。
一昨年の12月から駅構内と車内では禁煙となりましたがホテルなど(個室は勿論、ロビーとかね)、まだまだ喫煙者が居心地良さそうです。

公共の場で吸うなとは言わないけれど、フレッシュエア~と思って窓を開けると下の階の人が吸っていたり、なんで私が前を行く歩き煙草の紫煙を吸わなきゃならんのか?!と腹立たしく思うことがあります。

私の場合は、煙突のように吸ってた頃もありましたけど20年以上も前なんでwもう時効。今じゃ、アレルギーです。
覚悟の上でカフェなどに入りますけど、それ以外なら煙草を吸っている人の風下なんて絶対嫌です。
パッシブスモーカーの方がダメージが大きいとも言うじゃありませんか。あぁ、やだ。

スイスは日本よりまだ煙草代がお高めだけど、1パック15フランくらいにすれば良いのにって思っちゃいます。
  • posted by ひよ 
  • URL 
  • 2006.12/08 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ひよさん 

ヨーロッパの方が禁煙の波ってゆるいですよね。
まぁタバコがよろしくないのは分かるんですが、アメリカ人とか、喫煙者は社会的にもレベルが低い人間と見なしてしまう辺り、かなりヒステリックなものを感じます。
全体的に禁煙に関してゆるいヨーロッパで、選りによってパリが禁煙に踏み切るのは、結構衝撃的ですよね。
イギリスとかドイツとか、それこそスイスの方が先にやりそうなのに・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.12/10 02:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。