【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行会社のシュールな現実

知床が世界自然遺産に登録された。
会社でも話題に上った。
予め言っておくが、うちの会社は旅行会社ではないが、うちの部門は旅行部門だ。

男性社員「知床が世界遺産になったねぇ。」
女性社員「知床って、鶴がいるところでしょ?丹頂鶴?何かそんなイメージ。」
「ちがうでしょー。タンチョウ鶴は『タンチョウ』に居るからタンチョウ鶴って言うんでしょ?」
「え?違うの?」
ここであまりの会話のバカバカしさに私が口を挟んだ
「ハイ、二人とも『丹頂鶴』をネットで検索しなさい。」
「タンチョウ鶴の『タンチョウ』って、どういう漢字ですか?」
笑い話ではない。
2人とも真剣。
何の疑念も抱かずに、こんな事が口に出来る事自体が非常事態。

うちの会社の会長は「外国かぶれ」らしく、自分も英語とイタリア語を話すが、外国語が話せる人は人間的に質が高いと思っているらしい。
社員を募集する時も、少なくとも旅行部門は英語が堪能であることが条件(ジャパンタイムズで求人する・・・)。
結果、来る社員来る社員、私が知る限りでは8割以上の確率で常識を超越していたり、日本語が個性的だったりする。
まぁ、普通の旅行会社とは違うし、国内の仕事もほとんどやらないからあんまり問題にはならないけど。
この2人も典型で、普通の日本人の目で見ると、かなりシュールな人材に感じられる。
私は派遣なので、ここにカテゴライズされない。悪しからず。
普通の日本人の目で、シュールな毎日を体験している。
スポンサーサイト

Comment

 

私もあります、そういう会社で働いたこと。「ジャパタイ見て応募しました~」とか言うんですね。そんな省略の仕方があったとは。
旅行会社で、あそこに載せるとこって限られているので、同じような人材がぐるぐる回っているような気がします。ノースなんて、いつ見ても求人出てたし。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2005.07/21 23:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

外国語に堪能でも、最低限の日本語もしゃべれないようでは本末転倒。
というか本末転倒って言葉も知らないだろうな。
今度は日本語を喋れないフランス人が入社のウワサもあります。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.07/22 14:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。