【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンバーガーとローストビーフ

フランスのシラク大統領が、面白い発言をしたらしい。

北京の次のオリンピック開催地決定戦に臨み、アメリカはニューヨーク、イギリスのロンドンなどの強豪を向こうに回し、苦し紛れの発言とも言われるが、皮肉が利いていて、フランスらしいプライドも感じられて、とても面白い。

昔からフランス人はイギリス人の事を野暮ったい国民だと思っているようで、小説など読んでいてもイギリス人を揶揄する発言は多く見られる。
もちろんアメリカなんてここ200年ちょっとの新興国で、イギリスの親戚みたいな感覚でしか捕らえていないだろう。
「食事の時に水を飲むのはカエルとアメリカ人だけ」とも言われる。フランスでは食事にワインを飲むのは当たり前だからだ。

では本当にフランスで美味しいものが食べられるのか?
フランス人だって毎日ミシュラン★付きフランス料理を食べているわけではない。
いやむしろ家庭などではアメリカ人をバカにする暇も無い位、毎日ステーキを食べたりしている。付け合せはもちろんフライドポテト(フランス風の芋料理だからフレンチフライなワケです)
が、しかし、そりゃ日本人だって毎日懐石料理を食べるわけにはいかずにカレーライスを食べたりするのと同じ。
レストランのクオリティ、スーパーマーケットの食材の充実度だけ取っても、フランスの食に対する意識の違いが窺える。
もっと簡単に考えると、パンやチーズの味にその答は出ている。
更にはパンに付けるバターの味。
この時点で勝負は決定。シラクの言葉にニヤリとなる。

今後この言葉が多少の物議を醸し出す可能性はあるが、これがどこかアジアの国の代表の発言だったらどうなるか?
別に日本に限らず、アジアではあまり通用しないアイロニカルなジョークの様な気がする。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。