【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインで逮捕寸前

先週だったか、部長
「チェコで添乗員が捕まっちゃったんだって、ガイド無しで歩いてたらしいよ」
と話し出した。

ヨーロッパには、国によって多少違うが、現地のガイドと一緒でないと、添乗員がお客さんを外に連れ出すこともできない国もある。
お客さんをどこかに連れて行くときには、必ず現地ガイドを同行する、コレによって現地のガイドの雇用体制を守ろうというのが主な狙いだ。
ひどい場合だと、現地のライセンスガイド+資格のある日本人ガイド+日本から同行している添乗員と、3人の係員が日本人のグループを追い立てるように観光する様子も見ることができる。

実は私も捕まりそうになったことがある

どれ位前だったか忘れたけどスペインでのこと。
首都マドリードでの欠かせない観光地の一つ、プラド美術館での出来事だった。


プラド美術館はスペインの首都マドリードにある、世界的に有名な美術館。
その誇りは、
プラドの収蔵作品は、スペインが正当なルートで集めた絵画であること(ルーブルはナポレオンの戦利品ばかりだと主張)
そして
スペインを代表する巨匠達、ゴヤ、ベラスケス、ティツィアーノ、エル・グレコなどの作品が、大量に収蔵されていること
私の大好きな美術館の一つでもある。

その日、プラド美術館は午前中休館(急で勝手な営業時間の変更は、ヨーロッパ人の得意技)
お客さんのマドリード市内観光も午前中で終了するため、プラドに行きたい人は午後、各自で行くことになった。
必然的に午後のプラドは日本人観光客が満載。
私も出かけたが、あちこちにうちのお客さんが歩いている。

エル・グレコの作品だったと思う。お客さんが話しかけてきた。
「宗教画は難しいね
エル・グレコの作品は、典型的なキリスト教の概念に基づいた作品が多く、キリスト教はクリスマス位しか縁のない日本人から見ると、難解極まりない。
そこは一応
キリスト教系の学校に10年通い、
現地のガイドの説明もしっかりマジメに聞いている、
優秀な添乗員である私が、キリスト教圏の宗教画の概念について説明を始めた。

その時点ではお客さんは年配のご夫婦1組のみ。
説明と言っても雑談のような感じで始まったが・・・・
気が付くと かなりの人数のうちのお客さん・・・
やばいなー・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

と思っているうちに係員が近寄ってきた。
何かとアクションの遅いスペイン人、こういうときは素早い。

「あなたはツアーガイドか?」
「違います。」 (よし、ネームプレートははずしてある・・・(= ̄▽ ̄=)V )
「でもあなたはこの日本人達に説明してたでしょ」
「Oh!これは私のファミリーあるよ。」
「ファミリーにしては人数が多いじゃない」
「日本人は家族を大切にする民族あるよ


冗談抜きにして、焦っていたので英語がこんな感じになっていた・・・・と思う。

「あなたのしていることがどういうことか、わかっているか?」
...((((( ̄‥ ̄;) マ、マズイ
「スペイン人は家族旅行をしないのか?」
「全員あなたの家族だというのか?」
「全員家族だ。」


しばらく押し問答をした末、係員はあきらめて帰っていった。
家族を証明する手立てもないが、家族を否定することもできないのだ。

今にして思えば、かなりのピンチだったな・・・
スポンサーサイト

Comment

 

さすがっ!全員家族だと押し切るvivnyancoさん。確かに、家族でない証明なんてできないですもんね~!!
尊敬っ!
  • posted by バリエ 
  • URL 
  • 2006.05/30 09:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヒョェ~(^_^;) 

ヨーロッパは何回か観光で行きましたが・・
美術館にそんなお決まり事があったとは知らなかったですわ(ーー;)
でもさすがvivnyancoさん、責任感が強いですね!^^
素敵ですわ!!
  • posted by アンニョン姫 
  • URL 
  • 2006.05/30 12:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

電車の中でついついわらってしまいました…
怪しい人です…

大変なんですね海外って…


今日伊勢丹いってセレブ君を思いだしました…
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2006.05/30 17:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

>バリエさん 

やっぱりどんなにデタラメでも、向うは主張したもん勝ちじゃありません?
明らかにおかしな論理でも、がんばった方が勝ちみたいな時もあるし。
いやー、とっさのこととは言え・・・・

>アンニョン姫さん 

美術館に、というか、各国とかで法定化されてるんですよ。
エリアによっては、添乗員がバスの中でマイクを持つことすらママならないエリアもあります。
日本の旅行会社と現地の攻防戦ですわ。

>青さん 

日本の常識が通じないですからね・・・
でもお客さんは海外の方が従順なんですよ。
多分置いていかれたら困るから添乗員のいうこと(仕方なく)聞くんだと思います・・・

ヒエー 

私だったら負けてしまいそう。またはトンズラしてしまいそうですー。
ただ勝手に集まってきたんだよ!!とか正直に言っても信じてくれなそうですもんねー。
さすがvivnyancoさん!!!
  • posted by ぽんち 
  • URL 
  • 2006.06/02 18:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ぽんちさん 

そりゃもう死活問題ですから。下手すりゃスペインにはもう入国できません。
罰金も怖いし。
気合入りますよ・・・・

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。