【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の海と山

前回の四国からぐぐっと移動して今回は秋田へ。

四国、高松は相方の母、つまり姑の出身地。
東北、秋田は私の父方の祖母の出身地

祖母は一時期、鎌倉で秋田料理屋を開いていた時期もあった。
囲炉裏のある店で、炉辺で魚などを焼いて田楽にしたり、手作りの栗ご飯やお惣菜が美味しかった。
その囲炉裏で焼かれていたものの一つに「きりたんぽ」がある。

今やネット検索すると「秋田名物」のトップに来る「きりたんぽ」

名産のお米を半殺し(半づき)にして、秋田杉の串につけて周囲を焼いたもので、見た目も大きさも太いチクワの様な感じ。
お米のもちもちした食感と、焦げた風味が香ばしくて美味しい。
本来は鍋料理にすることが多いが、味噌を付けて焼いたもの(御幣餅みたいに)も多い。

本格的な物は秋田の比内地方の地鶏、比内鶏(日本三鶏の一つらしい)でダシをとり、
 ゴボウ
 セリ
 マイタケ
 ネギ
 シラタキ
 比内鶏肉

を入れて醤油仕立てにし、最後の食べる直前に、きりたんぽを入れる。
出来上がりはこんな感じ。
 


きりたんぽ


今回はコストパフォーマンスを優先に考えたため、比内鶏ではなくスーパーの特売の鶏がらでダシをとり、特売の鶏肉を使用、焼き豆腐と白菜も入れてみた。

ゴボウやセリといった山の食材が、鶏だしの臭みを消して、滋味の深い味わいになる。
コツはきりたんぽを最後に入れること。すぐに煮崩れるので。

祖母はきりたんぽを焼いて作っていたが、私はとりあえず市販品買ってます・・・・



きりたんぽを山の料理とすると、同じく秋田の名物鍋「しょっつる」は海の料理といえる。

しょっつる(塩魚汁)とは、ハタハタなどの魚を塩漬けにして作った醤油の一種。
そう、タイのナンプラーベトナムのニョクマム能登のいしるなどと同じ系統の、いわゆる魚醤である。
秋田では、このしょっつるを薄めて、そこに
 ハタハタなどの白身魚
 白菜
 シラタキ
 ネギ
 豆腐

などを入れて鍋として楽しむ。

我が家で作ったのはこんな感じ

しょっつる


コストパフォーマンスを考えて、ハタハタはタラに変更
ワカメを入れるのは、うちの祖母直伝。祖母はナスも入れていたが、コストパフォーマンスを考えて省略。

しつこいようだが、魚は白身で。
某観光地では、鱒の養殖が盛んだという理由で「鱒のしょっつる」を売り物にしている。
山の中で食べるしょっつるは、美味しくない。

昔、お正月に祖母の家に行くと、子供達はまとめて鉄板焼きか何かで誤魔化されていたが、大人が横でしょっつる鍋をつついていた。
しょっつる独特のものすごい臭い(魚醤ですから)がしていた。

祖母が作るのは、きりたんぽよりもしょっつる鍋の方が多かったけれど、私が作るのはきりたんぽの方が多い。
しょっつる鍋は、原料となるしょっつるが異常に高いため、コストパフォーマンス優先の我が家では厳しいからだ・・・・

きりたんぽは比較的簡単に美味しくできるので、お試しあれ。
尚、味が薄くても明太子を溶かし込んで食べないように・・・(/∇≦\)
(うちの姑みたいに)
スポンサーサイト

Comment

じゅるっ 

秋田に飛んでいっていたわけではないのですね(笑)
それにしても美味しそう!
バリバリキャリアウーマンでありながらお料理も上手な三児の母、鯖尾ご指名のおにぎり係になるわけだー 納得
  • posted by つばさ@KUL 
  • URL 
  • 2006.03/27 19:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

きりたんぽ、なつかし~☆
高校の修学旅行で秋田に行って、食べましたよ!
おいしかったなぁ。
ぶっかけうどんもおいしそうですね!
私の母が食べてて、ちょっともらいました!
確かに、いつも食べれる四国のみなさん、うらやまし~♪
  • posted by あみ 
  • URL 
  • 2006.03/28 19:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

秋田の出身のガイドがいて食べさせていただいたことがあります…
当時はまりました(笑)
しかも
きりたんぽ味うまい棒がわすれられません…
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2006.03/28 22:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

鎌倉 

実は僕の生まれ故郷は「鎌倉」です。意外と行ってたりしてv-218

ところでvivnyancoさんは秋田の血が入ってるという事は綺麗なのでしょう!(荒川静香も秋田の血入ってるそーです)
  • posted by 池っち 
  • URL 
  • 2006.03/29 19:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

>つばささん 

バリバリじゃないんですよー。ホドホドの、です。
料理もテキトーだし。
ま、3児の母はホントですけど・・・
そーいうつばささんだって、バリバリのキャリアウーマンで、2児の母で、ウサギまで飼ってるじゃないですか!!
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.03/30 17:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

>あみさん 

きりたんぽは、最後に稲庭うどんという秋田名産の高級うどんを入れると絶品ですよ。
あみさんのうどんの画像も充分美味しそうでした。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.03/30 17:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

>青さん 

えっ!!きりたんぽのうまい捧なんてあるんですか!?
それはファーストイヤー(初耳)だわ。
青さんがそれを持ってきてくだされば、私ききりたんぽをゴチソウしますわ。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.03/30 17:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

>池っちさん 

小町通をちょっと江ノ電の踏み切り寄りに入ったトコでした。
いや、イケメンの池っちさんにそー言われると・・ほほほ
ま、確かに秋田顔みたいですよ。荒川静香みたいではありませんが・・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.03/30 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。