【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスバゲの真相

パリでの出来事だった。
うちの会社は、主に企業相手の旅行を扱うため、表彰旅行などが多い。
その時も表彰旅行で、売り上げのいいセールスレディ達が、パリに招待されるという企画だった。
招待されたセールスの中でも、売り上げ成績の良いセールスは、スイートルームが用意されている。

そのお客さんは全社の中でもトップの売り上げを誇る女性だった。
当然部屋はスイートルーム
事前の部屋の確認も入念に行い、抜かりの無い状態・・・・のはずだった。
が、そのお客さんがお部屋に入って間もなく、事務局に電話が入った。
「私の荷物が来てないんだけど?」

荷物が行方不明、いわゆるロスバゲ(ロストバゲージ)である。

添乗員に確認したところ、空港ではお客さん自身に荷物を確認してもらっている。
バスに乗せ、ホテルで荷物を降ろすところまでは、荷物の数が確認できている。
ということはホテル内での紛失だ。

至急ホテルの担当に荷物を探させる。
こういう場合、もっとも可能性が高いのは、荷物に付いているネームタグが取れて、誰の荷物かわからないまま荷物のストックルームにおいてある場合、もしくはホテルのポーターが荷物を部屋まで運んでいるので、その時点で他の部屋に運んでいる場合だ。
この場合、その部屋が空室だったりすると、誰も気付かないまま置き去りにされる可能性がある。

ホテル側も焦って荷物を探す。荷物部屋を探し、空室を確認し、ポーターに事情聴取をし・・・・

結局荷物は見当たらなかった
もしかしたら誰かの部屋に間違えて入っていて、その人が留守にしているのかも知れない。
お客さんには平謝り。回答は翌日に持ち越しである。
ホテル側のミスということで、ホテルからはシャンペンフルーツを用意させ、うちの会社からは洗面用具などの日用品を用意した。

翌日。
荷物は見つからない。
昨日探した場所も再度チェックして大捜索。
見つからないまま終わり、ホテルに着いてからの盗難の可能性がささやかれ始めた。
ホテルからはワインチョコレートが差し入れられた。

驚くべき結末は、翌日の事だった。
うちのスタッフの1人がホテルの近くのレストランで昼食を取っていると、件のお客さんが友人と一緒に現れた。
近くの席だったので、彼女達の会話が聞くともなしに聞こえる。
「ないないと思ってたらね、昨日の朝寝室の方のクローゼットを開けたらその中にスーツケースが入ってたのよ!!」

うちのスタッフが固まった(らしい)。
「お詫びだって言って、昨日もワインとチョコレートをもらったわ」
うちのスタッフが引きつった(らしい)。
「これでパーティーにドレスも大丈夫よ」
うちのスタッフが脱力した(らしい)。

結局この報告が事務局になされ、事態は解決を見た。
件の客(もうお客さんではないだろう)に確認を取ると、
「あら?言わなかったっけ?ごめんなさいね」で終わったらしい。

ホテルに何て言って謝ればいいんだよぉ

スタッフが頭を抱えているその頃、件の客はドレスを着飾り、パーティーを楽しんでいたのであった・・・




帰りの飛行機でスーツケースを隠してやろうかと、本気で考えたうちのスタッフの為に・・・ぽちっとよろしく

人気blogランキングへ




スポンサーサイト

Comment

 

そりゃー スーツケース、隠すべきでしたよ!
いえ、こっそり捨ててしまうべきでしたわよ!
かなり腹立ちますけど、お得意先のトップセールスじゃ、ここで憂さ晴らすしかありませんね・・・(合掌)
  • posted by つばさ@KUL 
  • URL 
  • 2006.01/27 20:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ええーv-359v-359v-359
スーツケース葬るべきでしたよ。

トップセールスの人ってことは少々面の皮が厚いのでしょうか。
うーむ。
  • posted by ぽんち 
  • URL 
  • 2006.01/27 21:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

もぉメッチャ笑えました(~_~;)
私もソソッカシイので結構同じ事やらかすタイプかもしれません(^^;)
学生時代にスーツケースに番号セットするタイプの鍵を掛けてその番号が何番だったかわからずに飛行機乗って到着先のフランスで一人鍵空けに悪戦苦闘した苦い思い出があります(^^;)
  • posted by アンニョン姫 
  • URL 
  • 2006.01/27 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

しばらく、ブログご無沙汰してました。
で、vivnyancoさんの会社ではどんなことが起こっているのかなーと思ったところ・・・
これはまた・・・。
トップ成績のセールスレディ、ただものじゃぁない、って感じですね。
とりあえず、もらったお詫びの品、全部返却。
  • posted by Mao 
  • URL 
  • 2006.01/27 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>つばささん
初めに聞いたときには文字通り全員硬直しましたよ。
それでもそのお客さんにはニッコリ笑顔・・・ははははv-406

>ぽんちさん
面の皮が厚いなんてもんじゃないですね。
私はトップセールスにならなくてもいいから、常識的な人間で居たいです。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.01/28 00:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>アンニョン姫さん
あースーツケース、開かなくなっちゃう人ですね(笑)
でもナンバーロックならば最後には開くから大丈夫です。
鍵かけて、その鍵を日本に置いてきちゃうお客さん、居ますから。

>Maoさん
まぁ、社内も相変わらず飛ばしまくってる人が居ますが・・・
ホント、かかった経費を旅行代金に上乗せしたいです。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.01/28 00:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

青だったら 

海か川に投げ込む!

いますよね~そういうお客さん!

バスの中なので、そこまでひどいのはありませんが、自分が悪いならあやまってこいよ!
と思います。
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2006.01/28 02:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これ、まるで自分だ!と思いました。
昨年、バリの某高級ホテルのスイートに宿泊した際、僕のスーツケースがどこかに行ってしまい、ボーイにクレーム言うとクローゼットを開けて渡されました。v-12
スイートに最近ちょこちょこ泊まる身分になりましたが(自分の金じゃないですがv-61)クローゼットにスーツケース入れられたの、この1回きりです。
  • posted by 池っち 
  • URL 
  • 2006.01/28 09:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こりゃひどいv-412
荷物が出てきた時点で、申し訳ない騒動を起こしちゃった!っていう気にならないのが信じられない!
それくらいでないとセールストップにゃなれないんでしょうかねぇ…
貰った物返せ~!
  • posted by ペコ 
  • URL 
  • 2006.01/28 20:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

それ最悪ですね!一般のツアーでそんなお客様がいたら、間違いなく帰りのフライトはセンターの席にして身動きとれなくさせますよっ!!
でも「ホテルに忘れ物した」って慌てて添乗員に相談してくる人の半分は自分のカバンに入ってるんですよね…
  • posted by フナッシュ 
  • URL 
  • 2006.01/29 15:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>青さん
そーですよね。やっぱりいますよね、そーいういう客。ホント、一言「ごめんなさい」って言ってくれればいいんですけどね。

>池っちさん
え!?池っちさんもやっちゃったんですか絵文字:v-405]
でもそれをネタにワイン持って来いとか、フルーツ寄越せとか言ったわけじゃないですよね・・・?
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.01/29 17:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ペコさん
有り得ないでしょ?大人の常識としては、一言「ごめんなさい」ですよね。
ホント、物返せーってかんじですよね。

>フナッシュさん
嫌がらせアリですよね。
そーそー、大騒ぎした挙句、自分のカバンや、部屋から出てきますよね・・・
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2006.01/29 17:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。