【★おべんとクンの添乗の日々★(表)】

旅行を生業とするということは、日々の糧に事欠いても趣味に生きるという事・・・(嘆)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香嵐渓と訃報

強調文香嵐渓


香嵐渓といえば、東海一の紅葉の名所として有名だ。
毎年11月の後半に紅葉がピークとなるので、その頃を目指して日本中から紅葉マニア(?)が殺到する場所として知られている。
殺到する割には、にぎわうのは紅葉シーズンだけなので、トイレや駐車場、休憩場所などの施設が不足、観光地としては厳しい一面も備えている。

当然旅行会社は多くのツアーを募集する。
周辺のめぼしいホテルや温泉地はすべて満室。
香嵐渓につながる道はすべて大渋滞。

今から14年前、1991年11月25日に私は香嵐渓に居た。

仕事の記録なんてろくに残しておかない私が、なぜその日を記憶しているのか?

香嵐渓をメインにしたツアーは、もかなり離れた宿泊場所に組まれている場合が多い。
その日利用したホテルは、愛知県の海側、岬の突端にあるリゾートホテル
リゾートホテルと言っても周囲にあるのはマスクメロンの温室ばかり。
到着するのは暗くなってから、翌朝の出発は8時平均なので、海にも縁ナシ。
古いタイプのリゾートホテルなので、ホテル自体も・・・・

国内の仕事では、宿泊地のホテルで他の添乗員や乗務員(女性添乗員はガイドと、男性添乗員はドライバーと)と同じ部屋になることが多い。
その日はたまたま同じ会社の比較的仲の良い添乗員と同じ部屋。
夕食前に書類の整理をしていた私の耳に、テレビを見ていた彼女の声が聞こえた。
「フレディが死んじゃったよ」
そしてニュースでは、イギリスの偉大なロックバンドクィーンのヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーが、24日に無くなった事を伝えていた。
彼はその前日に、自らエイズである事を公にしていた。

80年代にロックを糧に生きていた私にとって、クィーンはまだまだライブなバンドだった。
そしてフレディ・マーキュリーは、その個性だけでもロック史上特筆すべきヴォーカリスト。
別にフレディだったわけではない私でも、それはちょっとした大事件だった。


先ごろクィーンの創設メンバーであるブライアン・メイロジャー・テイラーが、フレディの代わりに元フリー、元バッド・カンパニーなどのヴォーカリストだったポール・ロジャースを迎えて、クィーンを再結成し、来日した。
メディアの報道では、新生クィーンはとてもパワフルで感動的なライブを行ったそうだ。
クィーンを世界で最初に認めた国日本は、新生クィーンを大歓迎したのだ。

私は行かなかったので本当のところは分からない。
でも、新生クィーンに参加しなかったベースのジョン・ディーコンの気持ちが分かるような気がする。
フレディが亡くなってから表舞台に登場することの無くなったジョン
日本のファンにも、ジョンと同じように考えているヒトは少なくないと思うのだが・・・

毎年香嵐渓の紅葉の情報が耳に入ると、クィーンのCDを取り出してみる。



人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

ロックに疎いのですが 

フレディー・マーキュリーは確かに天才だと思います。
ところで、日本て世界で最初にクイーンを認めた国だったんですか?
  • posted by つばさ@KUL 
  • URL 
  • 2005.11/25 19:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

つばささん 

そうなんですよ~
本国イギリスでもパッとしなかったのが、日本で大ブレーク、それがきっかけでイギリスからアメリカ進出だったんです。
なのでクィーン側も日本には思い入れがあるみたいですね。
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.11/26 14:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

遅まきながら 

こちらにも書いてしまいます

このニュースが流れた時写真がよくTVに出たじゃないですか
ものすごくやせ細った写真で悲しくなりました
特別なファンというわけじゃないんですけど
一度もコンサートに行かなかった事が悔やまれました
知り合いで久しぶりの来日の時行った感想を聞いて
一緒に「TEO TORRIATTE」を歌ってみたかったと思いました
なんせ洋楽に入る切欠のバンドの一つでしたから
CMとかで使われるずっと以前にカラオケで「WE WILL ROCK YOU」を歌ったりした奴ですわたし…
  • posted by ペコ 
  • URL 
  • 2005.11/27 02:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

ペコさん 

あれだけ生命力にあふれた人でしたから、切なかったですよね。
特に最後に「お金はいくらでも出すから、誰か私を助けて下さい」と訴える彼の姿は辛かったです。
私も結局ライブは一度も行けませんでした。
うちの高校では合唱大会で「Bohemian~」とか「Somebody To Love」を歌ったりしてました(笑)
  • posted by vivnyanco 
  • URL 
  • 2005.11/27 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vivnyanco

  • Author:vivnyanco
  • 趣味は何だろう?仕事?旅行?グルメ?読書?
    忙しくて何もしてないな、毎日。

人気BLOGランキング

参加中です。ぽちっとよろしく。

フリーエリア

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。